ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

介護福祉士の国家試験受験資格

介護福祉士の受験資格を説明

>介護医療福祉の
資格情報満載!


介護福祉士の国家試験の事や資格び事を知りたい、受験資格が今後どう変化するのか知りたい
学校や実務経験等色々と条件が違う受験資格等の事を教えます!
少々複雑な印象を受けてしまう介護福祉士の国家試験等資格の事を簡単に説明


実技試験免除の申請の手続き

介護福祉士国家試験の実技試験が免除されるためには、介護技術講習を修了した方が介護福祉士国家試験の受験申込時に受験申込書の所定の欄に実技試験の免除を希望する旨を記入すると共に、以下の手順により受験の申し込みをする事が必要。

○受験申込時に講習を修了している場合
介護福祉士国家試験の受験申込時に既に介護技術講習を修了している場合は、講習の実施者から交付された「介護技術講習修了証明書」を受験申込書類に添付して受験申し込みをする事で実技試験が免除される。
第20回または第21回介護福祉士国家試験受験に際して「介護技術講習修了証明書」を試験センターに提出している方は、改めて受験申込書類に添付する必要はない。

○受験申込時に講習を修了していない場合
介護技術講習の受講が介護福祉士国家試験の受験申込時にはまだ介護技術講習を修了していない場合は、「介護技術講習修了証明書」は交付されていないため、講習受講の申し込みをしたときに講習実施者から交付された「介護技術講習受講決定通知書」を添付し、「講習修了見込み」により受験申し込みをして下さい。
講習修了見込みで実技試験の免除申請をした方は、講習修了後に交付される「介護技術講習修了証明書」を速やかに試験センターに提出することにより実技試験が免除される。
確定した「介護技術講習修了証明書」を提出期限(筆記試験実施日以降最初に到達する金曜日の予定)までに提出されない時は、筆記試験に合格しても登録資格を取得出来ない。

○実技試験免除申請を変更する場合
「講習修了見込み」で受験申し込みをしていた方が講習を修了しなかったり受講しなかった為「介護技術講習修了証明書」が交付されなかった場合は、「実技試験免除申請取下書」を試験センターに提出することにより筆記試験に合格した方は実技試験の受験が認められる。この場合取り下げの理由は問わない。
※「実技試験免除申請取下書」は、平成22年1月8日(金)までの消印のあるものに限り受け付ける予定で、受験申し込み時に実技試験を選択して申し込んだ方は受験申し込み以後に講習を受講し修了しても実技試験免除への変更は出来ないので要注意。

○受験申し込み時に注意すること
@介護技術講習を修了しただけでは介護福祉士とはなれない。
介護福祉士国家試験の受験申し込みをする際に実技試験の免除申請を併せて行うことが必要で、筆記試験に合格し介護福祉士の登録をする事により介護福祉士の資格を取得出来る。
A実施者から交付される「介護技術講習修了証明書」や「介護技術講習受講決定通知書」は、受験申し込み時に原本を提出するため大切に保管して下さい。
B第22回介護福祉士国家試験の実技試験免除の対象は、平成19年度以降に介護技術講習を修了した方が該当する。
※平成18年度以前(平成17年4月〜平成18年12月)の講習を修了した方は、第22回介護福祉士国家試験の実技試験免除の対象にならない。
C第22回介護福祉士国家試験(21年度)の受験申し込みに必要な「受験申込書用紙・受験の手引き」は7月中旬頃から配布する予定で、詳細は随時試験センターのホームページで案内する。

介護福祉士資格のための情報満載

介護福祉士資格制度の概要介護
介護福祉士受験資格介護
介護福祉士実技試験免除制度の概要介護
介護福祉士実技試験免除の申請の手続き介護

ホームヘルパー 介護福祉士
介護福祉士の仕事
リンク


(C)介護福祉士の国家試験受験資格

携帯クイズ 浮気 調査 家出 調査 婚活 資格取得


携帯アフィリ